logo

【尾峨佐染繍】特選蘇州刺繍黒留袖<丹後・縫い取り地使用>「垣葡萄文」≪刺繍と染めを重ねた立体感!≫

【尾峨佐染繍】特選蘇州刺繍黒留袖<丹後・縫い取り地使用>「垣葡萄文」≪刺繍と染めを重ねた立体感!≫。


絹100%
たち切り身丈183cm 内巾36cm(裄丈68cmまで)
白生地には、丹後の特選縫取りちりめん地を使用しております。
◆最適な着用時期 10月~5月(袷の季節に)

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません。

◆着用シーン ご親族のご結婚式など、第一礼装として。

◆あわせる帯 格高い袋帯


京の名門、尾峨佐染繍(おがさせんしゅう)により、
贅沢に創作された総刺繍黒留袖をご紹介いたします。

総刺繍のお着物のみが成せる存在感…
ぜひお手元にてご覧頂きたい一枚でございます!


尾峨佐染繍の作品は、四季に学び、長い伝統と歴史に培われた京文化のひとつ。
職人さんの熟練の技と美的感覚の研鑽…
それが生みだした味わい深い彩りと手触り、創意工夫によって生まれた意匠の数々は、典雅な柄行となって再現されております。


素描の下絵をもとに埋め尽くすように一針、一針縫い上げてゆく刺繍。
ある時はボリュームいっぱいに、
ある箇所は緻密にと同じ刺繍でもその表情の豊かさは驚嘆の極みです。

その刺繍の凹凸を一層引き立てる漆黒の絹地には、縫い取り地を用いました。
地紋様のように、金彩の箔使いでキメ細やかな金彩霞を浮かべた印象的な絹布です。

意匠には、金から茶系の彩りで統一感をもった「垣葡萄文」を表しました。
金泥友禅によって柄を描き、立体感を持たせるように実や葉に刺繍を重ね、
ふっくらと仕上げた秀逸な面持ちです。

格高いお席においても、染め物とは明らかに違う存在感…
これほどたっぷりとした刺繍を施した一枚には、製作期間も半年から1年かかると聞きます。

晴れやかなお席にこの上ない風格の装いを…!
どうぞ、名門が作り上げた刺繍の風合いをお手元にてご堪能下さいませ。

お仕立てご希望の場合、
解手のし4,320円+※胴裏4,860円~+比翼11,000円+紋入れ9,720円+お仕立代32,400円(全て税込)で承ります。 
・海外手縫い価格です。国内手縫いは、+48,600円(税込)で承ります。

 お仕立て上がりまでの期間は、通常約50日です。


※胴裏の価格について
※紋入れについて
商品加工をご要望の場合
(解手のし(巾出し))

※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[A2G012505NW]-[TP:斉藤]-[PS:片山]-[CH:田中郷]-[文責:吉岡]-[0302017]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
。 『ジャパニーズ インベスター』は1・4・7・10月の各月25日前後に発行しております。 ご希望の方には定期発送(本体・送料とも無料)をいたしておりますので、この機会にぜひお申し込みください。 定期購読者の皆さまには本日メール便にて発送いたしますので、7月末または8月初旬にはお手元に届きます。